メモリッチは妊娠中や授乳中でも使うことはできるの?

夜泣き赤ちゃん

妊娠中や授乳中に目元のクマやたるみが気になるママは多いと思います。

 

赤ちゃんが生まれれば毎日まともに寝れず、ある程度成長したら今度は夜泣きが始まります…。

 

しばらくの間寝不足生活が続き、目元から疲れがにじみ出ていたら要注意。

 

出産育児は確かに大変。でも、「綺麗なママでいたい」ですよね。

 

目の下にできたクマや不健康に見えるくぼみを消すためにメモリッチを使いたいと考えるママも多いと思いますが、ではメモリッチは妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫なのでしょうか?

 

メモリッチの安全性

妊娠中や授乳中に使用を避けたい成分は「パラベン」や「ビタミンA」「トレチノイン」「ハイドロキノン」「サリチル酸」などです。

トレチノイン

ビタミンA誘導体で経皮吸収からの影響は低いと考えられていますが、年のため多用しないようにしましょう。

ハイドロキノン

美白化粧品に使用されるハイドロキノンですが、遺伝子(DNA)を傷つけ、肝臓がんを起こすリスクがあります。

パラベン

女性ホルモン「エストロゲン」に近い作用を示し、胎児に悪影響を及ぼす危険性があります。

サリチル酸

角質ケア商品に配合されることがあり、1〜2%ほどなら問題ないと言われていますが、高濃度配合されている化粧品は胎児の催奇形性の危険性があります。

 

メモリッチの配合成分をチェックすると、これらの成分は配合されていません。

水、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸水添ヒマシ油、プロパンジオール、ステアリルアルコール、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ペンチレングリコール、メタクリル酸メチルクロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸、トコフェリルリン酸Na、パルミトイルトリペプチド-1、パルミトイルテトラペプチド-7、カプロオイルテトラペプチド-3、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、オリゴペプチド-6、ペンタペプチド-18、ナイアシンアミド、クリシン、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、ヒメフウロエキス、ダイズ発酵エキス、シャクヤク根エキス、コプチスチネンシス根茎エキス、セイヨウトネリコ樹皮エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ノイバラ果実エキス、サトウカエデ樹液、ヒマワリ種子油、キョウニン油、アボカド油、ローズヒップ油、ダマスクバラ花油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、スクワラン、酢酸トコフェロール、N-ヒドロキシコハク酸イミド、水添レシチン、イソセテス-10、イソセテス-25、ステアレス-20、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、コレステロール、シラントリオール、カプリリルグリコール、BG、グリコール酸、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、デキストラン、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ナットウガム

 

メモリッチは特に敏感な部分に使用するアイクリームだから品質管理や安全性にはとことんこだわっています。

 

メモリッチの品質管理体制

 

なので、メモリッチなら妊娠中や授乳中のママでも安心して使用できます。

 

年のためメモリッチのコールセンターに問い合わせをして聞いたところ、メモリッチの販売会社からも「問題ない」と太鼓判をいただきました。

メモリッチを購入する時は返金保証制度がついた定期コースで!

メモリッチは妊娠中や授乳中でも安心して使えるアイクリームですが、この時期は普段の肌とは異なり肌がデリケートな時期です。

 

自分は大丈夫!と思っていてもいざ使うと肌が荒れてしまった…なんて可能性もあります。

 

メモリッチは万が一肌にトラブルが出てしまった時は返金保証制度が利用できるので、妊娠中や授乳中のママはもしものために備えて、定期コースの返金保証制度が利用できるコースで購入してくださいね。

 

メモリッチの公式サイトボタン

 

メモリッチの口コミ体験談を見る>>