メモリッチで涙袋は作れるの?

女性の目元

目が大きく、かわいらしい印象を持たせる涙袋。

 

涙袋が全くない人からみると目元にある涙袋は少し憧れでもありますよね。

 

元AKBの大島優子さんや板野友美さんもぷっくら涙袋が印象的で涙袋を強調させるメイクもしていますよね。

 

そんなかわいらしさを際立たせてくれる涙袋。実はアイクリームを使っているうちに涙袋ができた!という口コミもあるんです。

 

ではメモリッチは使い続けたら涙袋ができるのでしょうか?

メモリッチで涙袋ができたという口コミは?

顎に手を置く女性

メモリッチで涙袋ができた!という口コミを探したところ、メモリッチはまだ発売されて間もないアイクリームなので涙袋ができたという口コミまでは見つけることができませんでした。

 

ただ、これから先メモリッチを使っていたら涙袋ができたという口コミが出る可能性はあります。

 

そのような口コミを見つけたらこちらでご紹介させていただきますね!

アイクリームで涙袋ができるのはなぜ?

そもそもアイクリームを使って涙袋ができるのはなぜなのでしょうか?

 

涙袋ができたアイクリームとして紹介されていたのが北の快適工房さんのアイキララです。

 

アイキララで涙袋ができる理由は『MGA』というビタミンC誘導体の成分のおかげのようです。

 

MGAはコラーゲンをサポートする働きがあり「ハリと弾力」を目元にもたらせ、内側からふっくらとする目元を作り出してくれる成分です。

 

このMGA成分が配合されたアイキララを使ったところ「3ヶ月でくぼんでいた涙袋がぷっくらするようになった」「目元にハリが出てずっと欲しかった涙袋が出た!」という口コミが投稿されるようになったのです。

 

つまり、目元にハリと弾力を与えてくれるビタミンC誘導体の存在が涙袋の形成に重要であるということがわかりました。

メモリッチの成分は?

メモリッチ

メモリッチにはハリと弾力を与える浸透型ビタミンC誘導体(3LGA)が配合されています。

 

この浸透型ビタミンC誘導体(3LGA)は加齢による「コラーゲンとセラミドの減少に着目して開発された成分」でコラーゲンとセラミドに働きかけて内側からもっちりと弾むようなハリ、潤いを与えてくれます

 

つまり、この浸透型ビタミンC誘導体がアイキシルでいうMGA成分と同じ働きをしてくれるんです。

 

さらにメモリッチの場合「浸透型」でしっかりと角質層の奥まで浸透して内側からのふっくらをサポートします。

 

アイキシルで涙袋が出きた方がいるのなら、メモリッチでも涙袋ができるのを期待できるといっても過言ではなさそうです。

涙袋を今すぐ作りたい人にはメモリッチは不適

目元に涙袋ができるのを期待できるメモリッチですが、今すぐ涙袋を作りたいという方にはメモリッチは向いていません。

 

メモリッチは涙袋を作るために開発されたアイクリームではなく使用中に気づいたらふっくら涙袋っぽいものができていた!という効果が期待できるアイクリームです。

 

なので、今すぐ涙袋が欲しいという方はヒアルロン酸注射、もしくは涙袋テープを使って涙袋を作る方法も一つです。

涙袋はヒアルロン酸注射で作れる

注射器

涙袋は美容外科に行くとヒアルロン酸注射で作ることが可能です。

 

ただし、目元に細い針を使ってヒアルロン酸を注入する手術を行うので内出血や術後に目元が腫れてしまうリスクもあります。

 

特に多い涙袋注射の副作用として

 

内出血

左右の涙袋の大きさの違い

痛み

腫れ

 

などが生じます。

 

さらに手術料金は3万〜5万ほどし、効果が永遠に持続するというわけではなく数か月〜数年経過すれば消えてしまいます。

 

また手術で涙袋をつくると急に目元の印象が変わってしまうため手術をしたことがバレてしまいますが、メモリッチで毎日目元をケアして徐々に変化を付けていけば自然に目元の印象を変えることが可能です。

 

メモリッチは目元のたるみ、しわを改善してくれるアイクリームですが、涙袋が欲しい方にとっては使い続けることでふっくらとした涙袋を手に入れさせてくれるアイクリームと言えるでしょう。

 

メモリッチの公式サイトボタン

 

メモリッチアイクリームの口コミ!クマ・たるみ解消効果の真相は!?トップページへ戻る