子供の目のクマの原因は?

睡眠不足になるとできるイメージがある目の下のクマに悩むのは実は大人だけではありません。

 

小さな子供にも目にクマができてしまうことがあります。

 

しっかりと睡眠をとっているのにどうして目にクマができてしまうの?もしかして何かの病気?と心配になりますよね。

 

ここでは子供にできる目のクマの原因と対処法についてご紹介します。

子供の目にできるクマの正体

目を擦ることでできる色素沈着

花粉症やアレルギーなどで目が痒くなり、ゴシゴシと目を擦っていることはありませんか?

 

大人でも辛い目の痒みは子供は我慢ができません。思い切って目を両手でゴシゴシと擦ってしまうものです。

 

目の周りの皮膚はとても薄く、強い力で擦するとメラニンが生成されて目の下に色素沈着してしまいます。

 

子供がアレルギーや花粉症の場合は医療機関を受診して、アレルギーの治療を行いましょう。

 

治療によって痒みがおさまり目を擦ることがなくなれば色素沈着は時間の経過とともに改善されていきます。

鉄不足(鉄欠乏性貧血)の疑い

目の下のクマが青い場合、鉄分不足による貧血を起こしている可能性があります。

 

鉄分が不足すると全身に十分な酸素を送り届けることができず、体の細胞が酸欠状態になり貧血になります。

 

すると目の周りの血行が滞りうっ血した血液が空けて見えて青クマとなって現れます。

 

青クマが出ている場合は鉄分を意識した食事を意識したご飯を作ってあげてください。

 

また鉄分はサプリメントやグミ、お菓子などでも摂れるので成長期のお子さんなら栄養を補えるような健康食品を与えても良さそうです。

眼輪筋が弱い

大人でも同じですが、目の瞬きを行っている眼輪筋が弱いと目の周りが血行不良になり血液がうっ血するようになります。

 

スマホやテレビで長時間ゲームをしていることはありませんか?

 

ゲームのしすぎやパソコンの画面を見すぎていると眼輪筋が運動不足になり血行不良が起こりやすくなります。

 

しっかりと寝ている、食事もしっかりと摂っている、それでもクマができているという場合は眼輪筋の衰えでクマができた可能性があるので眼輪筋を鍛えるトレーニングをしましょう。

 

目を大きく開いて5秒キープ、その後目をギュッとつぶって5秒キープ。

 

これだけで目の眼輪筋トレーニングになるのでぜひ一緒に目トレを行ってみてください。